2018年7月 9日 (月)

内覧会のお知らせ(佐野市) ー堀米の家/佐野新都市の家ー

1

 
内覧会のお知らせです。
場所は佐野市堀米町と佐野市高萩町です。
 
日時
堀米の家     :7/15(日)、16(月祝)11〜18時
佐野新都市の家:7/27(金)〜29(日)10〜18時
※開催日が異なりますのでご注意下さい。
 
見学をご希望の方は事務所までご連絡下さい。
TEL 0283-24-0691
mail k-ono※mbi.nifty.com
(※を@に入れ替えてください)
 
 
堀米の家はご夫婦と小さい子供2人(想定3人)の
ための住まいです。
 
11
12
切妻屋根の深い軒下空間、
大谷石や漆喰など自然素材を活かした和モダンな
住まいとなっています。
玄関横にあるガレージには木製ハンガー引戸が設置され、
機能的にもビジュアル的にもアクセントとなっています。
 
また、LDK南面は6連窓の木製建具により、
デッキテラス・前庭と繋がり、更に所有する広大な農地にも繋がります。
 
9002
9003
先日、造園計画の打合せを行い、
アオハダ・オリーブ・ロードレイアなどを選定、
LDK/デッキテラスからつながる前庭には、
小さい子供たちが裸足で遊べるようにと、
芝生(TM-9)を敷くことにしました。
 
 
佐野新都市の家は、
2台分ガレージ付L字型平屋の住まいです。
14
112
3方向道路に面した外観は、西側アプローチを低く抑え、
レッドシダー板・芦野石・ガレージオーバースライダーが
並列した造りとなり、オーバースライダーを開けると
L字の建物に囲われた前庭がガレージ越しに見えます。
 
113
LDK天井は平屋の屋根に合わせた勾配天井となり
前庭に向けて高さを絞り、外部との一体感を
演出しています。
 
内覧会(新都市の家)ではお施主様のご厚意により、
北欧家具・照明器具を展示します。
(数少ない事務所の家具も出動します!)
日曜日には、kirinoya さんが参加し、
北欧家具の魅力をご紹介しますので、
興味のある方は是非日曜日にお越し下さい。
 
116
先日、先行してダイニングのペンダント照明が届きました。
ルイス・ポールセン PH3 2/1-3 ペンダント照明です。
通常乳白色のガラスですが、今回は琥珀色で
金物は真鍮製の限定モデルです。
専用のバッグに納まり、アップル製品を開けるような
ワクワク感を味わいながら開けるとPH3のほかに
手袋とタオルまで同封されています!
 
114
115
 
早くダイニングに納まる姿を見てみたいです。
照明器具の設置高さは重要です。
高さによりシルエットが変わるため注意が必要です。
LDK天井には照明器具がひとつもなく、
ペンダント・ブラケット・スタンド照明により構成し、
とてもスッキリしたレッドシダー板張の天井となっています。
 
また、前回の内覧会に続き、インテリアとして
多肉植物・ドライフラワー作家pow green さんが
ディスプレイしますし、
LDKにペレットストーブのデモ機を設置し、
ペレットストーブの魅力をご紹介予定です。
真夏ですが・・・。
111
 
それぞれ個性豊かな住まいとなっています。
居心地の良い空間を是値体感して下さい。
 
 
 

2018年6月15日 (金)

佐野市 ー若宮下町の家ー 

 
新しいプロジェクトがスタートしましたのでご紹介します。
事務所から徒歩10分くらい
若宮下町の家です。
 
1_2

2


 
3 
4
 
ファサードとなる西側外観は、2階ボリュームが
1階アプローチにオーバーハングし浮遊感の持たせています。
切妻屋根の和モダンと、片流れ屋根のシンプルモダン
模型により2パターンの外観デザインをご提案しました。
 
12月の着工を目指します!
 

2018年5月14日 (月)

ダイレクトメールを送りました。

22

 
今週末の内覧会に向けて、
ダイレクトメールを送付させていただきました。
金曜日には新聞折込も予定しています!
 
今回の内覧会では、インテリアとして
多肉植物・ドライフラワー作家pow green さんが
ディスプレイします。
 
111   
 
23
 
興味のある方・育て方を聞きたい方なども
この機会にいかがでしょうか。
 
21
建物はほぼ完成しています。今週各所検査を行い、
来週の引き渡しに向けて最後まで丁寧にすすめていきます。 
 
15_2
ポーチ横に記念の手形
 
24
スイッチはトグルスイッチを採用
 
見学を希望の方は事務所までご連絡ください。
 
 

2018年4月28日 (土)

OPEN HOUSEのお知らせ(栃木市ー静の家ー)

 

栃木市ー静の家ー 住宅完成内覧会を開催します

 
場所は県道桐生岩舟線(旧50号線)沿い、
岩舟コスモスホールの北側、
日時は5/19(土)、20(日)10〜18時。
 
20代のご夫婦と幼い子供2人、4人家族の住まいです。
 
1
 
2
 
外観はシンプルな片流れ屋根のボックス型で、
南隣地の雑木林を存分に楽しめるように奥行の深い
屋根付バルコニーの2階リビングとなっています。
周囲の視線を気にすることなく楽しめる
アウトドアリビングダイニングとして活躍する予定です。
 
112
 
玄関は1階から40センチ床を上げているため、
玄関から2階への距離感は近く、
1階→玄関ホール・階段→2階へとスキップフロアのように
繋がっています。
 
また、2階リビングのメリット活かし、片流れの屋根形状に合わせた
勾配天井とし高いところで3.0mの天井高さを確保しました。
リビングの一角にある3帖のタタミスペースからは
道路越しに岩船山が眺められ、
しばらくは子供の昼寝部屋として活躍しそうです。
 
113
 
今回のお施主様(奥様)は2009年に新築した
 佐野市 植上町(H邸)  のお施主様のお子さんになります。
たしかそのときは二十歳前後でした・・・。
 
親子2代と設計依頼を頂きとても感謝しています。
託された思いに応えられるよう引渡しまで頑張ります!
 
 
見学希望の方は事務所までご連絡下さい。
住所登録のある方はダイレクトメールを送ります。
 
開放性とプライバシーを両立したLDKは
とても居心地が良い空間となっていますので、
是非体感して下さい。
 
 
TEL 0283-24-0691
 
mail k-ono※mbi.nifty.com
(※を@に入れ替えてください)
 
========================
 
2018年 小野建築設計室
住宅完成内覧会予定をお知らせします!
 
5月  栃木市 ー静の家ー 
     2階リビングのBOX HOUSE
 
6月  佐野市 ー堀米の家ー
    自然素材と暮らしの仕掛けを楽しむ住まい
 
7月  佐野市 ー佐野新都市の家ー
     ガレージのある平屋L字の住まい
 
8月  館林市 ー若宮の家ー
     和モダンな切妻屋根の住まい
 
10月 足利市 ー名草の家ー
     セカンドライフを楽しむ夫婦の住まい
     ー薪ストーブのある暮らしー
 
 
5軒とも個性豊かな住まいとなっています。
家族構成も年代もそれぞれですので、
見学会に参加して比較するもの楽しいと思います。
 
内覧会開催に際し、お施主様のご協力とご理解に
感謝致します。
 
 
 

2018年4月 6日 (金)

グランドオープン(chez 竹榮山)

先月、 炭火焼ステーキ&ワインの店

”chez 竹榮山”がオープンしました。
先代が長年営んできた中華料理店を数年前に閉店。
その料理店を、都内老舗フレンチ・ワインバーで修行した
現オーナーの依頼によりリニューアルした建物です。
 
外壁は2色のガルバリウム鋼板をランダムに張り上げました。
また、アプローチ廻りは塗り壁を特殊なクシでクシ引仕上、
ドアはオーク無垢板のスプーンカットという表情豊かな仕上げ。
 
素材・仕上げにこだわることを建物でも表現しました。 
 
1
 
内部はカンター4席と4人掛テーブル4席。
間接照明を効かした落ち着きのある空間に仕上げました。
 
2
 
オープンお祝いとインテリアを兼ねて、
多肉植物・ドライフラワー作家POWさんに依頼して、
リースとスワッグをプレゼントさせていただきました。
 
POWさんとは設計中の美容室計画を通じて知り合いました。
とても素敵な作品を創られているので
オーナーにご提案させていただきました。
 
オーナーの提案で紀州備長炭を
POWさんの提案でワインのコルクを取り入れました。
 
3
4
 
料理は地元長谷川農場産の足利マール牛を
紀州備長炭焼きステーキをメインとした創作フレンチ。
フレンチとワインをゆっくりと楽しむ事のできる
上質な空間構成となっています。
 
オープンに際し、大きく広告は打たず
少しずつ口コミで広げていきたいとの意向を受け
ブログでの紹介も1ヶ月遅らせました。
(インスタでは紹介していますが)
 
大人のための隠れ家的な佇まいとなっています。
 
 
 
 
 

2018年3月30日 (金)

しめやかに(足利市 名草の家)

113

先週、足利市-名草の家-の地鎮祭が
しめやかに行われました。
名草の家は、セカンドライフを楽しむご夫婦の平屋の住まいです。 
 
114
 
薪ストーブが絵になるロケーション!
 
敷地は道路の行き止まりにあるため、
この景観を独り占め!
 
LDKはL字開口を南東に設け景観を取り込みます。
また、浴室からも山並みが楽しめます。
 
115
 
116_1
 
なんと敷地内に横穴約5mもある防空壕があります!
地鎮祭とは別に防空壕もお祓いしました。
 
118
 
また、住宅新築と並行して既存蔵を改修しご主人のアトリエに。
まずは2階床や階段を撤去しワンルーム化。
高窓からの陽光が印象的です。
 
住宅も楽しみですが蔵改修も楽しみです!
9月末の完成を目指します。
 
 

2018年1月24日 (水)

無骨ですが・・・

 
だいぶ雪が降りました。
ボルボ240もこんな感じに。
 

Img_5261

雪が積もるたびにおもいます。
さすが北欧(スウェーデン)の車だな〜と。
 
ドアの上が庇のようになっていて、
雪が積もっている状況でドアを開けても
雪が室内に落ちにくいようになっています。  
 
Img_5267
 
Img_5268
 
無骨ですが、気が利いてます!
 
いつか240のような住宅を
設計したい・建てたい・住んでみたい。
本気で考えている今日このごろ。
(わかりづらくてすみません)
 
 
 
 
 

2018年1月22日 (月)

藤岡甲の家(栃木市)

栃木市南部(旧藤岡町)、
幹線道路から分かれる細い小道を奥くへ奥くへと進み
ほぼ突き当りに近くにある計画地。
 
田園風景に溶け込むような広い敷地の雑木林は
一見無造作に見えますが、とても良く配置され
手入も行き届いています。
 
4
 
遠景 
辛うじて既存住宅の屋根が見えます。
5
 
既存住宅(親世帯)を残し、
子世帯(夫婦+子3人)の住まいを建てるか?
既存住宅を解体して、3世代7人の
2世帯住宅を建てるか?
子世帯の住まいであれば、敷地内に建てるのか、
それとも近接する農地を宅地に転用するか?
農地法・都市計画法上、建てられる農地(敷地)はどこなのか?
 
ひとつひとつ要望・予条件を整理しながら、
最適な提案を出来るように進めていきます!
 
ファーストプレゼンは2世帯計画案を提案。
くの字型の平屋建。
2世帯間にガレージを設け、程よい距離感を
保ちながらひとつ屋根の下でつながる住まいとしました。

1

 
平屋ではありますがリビング一部を高天井とし
ロフトを設けています。
リビングの一部を土間にして薪ストーブを!
薪ストーブはマスト!という嬉しい要望をいただきました。
 
2
 
ガレージにはキャンピングトレーラーも。
キャンプや旅行のほかに、普段はご主人の
書斎としての用途も。
 
3
 
計画はまだ始まったばかりです。
敷地のポテンシャルが高いため、
敷地を充分に活かせる住まいを提案していきたいと
思います!
 
今回のプロジェクトは意外な所からスタートしました。
それはまた今度お伝えします!
 
 

2018年1月18日 (木)

上棟しました!(栃木市 静の家)

栃木市静の家 が上棟しました。

1

 
心配していたバルコニー躯体の鉄骨列柱も
きれいに納まりました。
6
 
2階リビングからの眺め。
雑木林が正面に見えます。
2
 
上棟前には各種検査を行いました。
化粧柱・梁 材料検査 
5
 
基礎生コンクリート 第3者機関による受入検査
3
 
上棟時にはお施主様立会にもと、
リビング東面サッシ位置を確認。
東隣地住宅と窓の位置がかぶらない微調整。
北側窓から岩船山が一望できることも確認できました。
ひとつひとつ丁寧に進めていきます。
 
10月には第2子となる女の子を無事出産!
(おめでとうございます)
4
 
子供たちのためにも、おじさん頑張ります!
 

2018年1月12日 (金)

しめやかに 館林市ー若宮の家ー

抜けるような青空の下、
館林市 若宮の家の地鎮祭がしめやかに行われました。

Photo

お施主様とはじめてお会いしたのは
約4年前の花山の家(K邸) の完成見学会でした。
当時は、地場の自然素材を得意とするビルダーで住まいを
建てることを考えていましたが、
事務所の完成見学会に数多く参加していただき、
住まいに対する事務所の考え方に共感いただき、
今日を迎えることとなりました。
 
114
 
計画地はご主人の両親が住む実家の地続きで、
夫婦と子供2人、4人家族のための住まいです。
 
お施主様・施工業者と3者で力を合わせて
ひとつひとつ丁寧に進めていきたいと思います。
 
小野建築設計室 インスタ・ツィッターをはじめましたので
こまめにアップしていきます!
 
 

«今年も宜しくお願い致します。

フォト
無料ブログはココログ