« エンジン薪割機/薪棚 | トップページ | くつろぐ »

2013年2月11日 (月)

リノベーション

一昨年から設計をスタートし、

去年8月から約4ヶ月かけてリノベーションした

築18年 鉄骨造2階建 約65坪の住宅です。
(設計&施工中に一度もブログアップできず反省しています)
 
リビングとダイニングの間にあった
タタミスペースをなくした約30帖のLDK
 
2
 
部屋が広く開放感があります。
冷暖房時にはリビングとダイニングキッチンを
分けられるように白い引き込み戸を設置
閉じるとこんな感じです。
 
1
 
戸を閉めても光がダイニングキッチンに広がり、
やんちゃな?娘さんにも配慮して、ガラスではなく
和紙調のワーロンプレートを採用しました。
 
キッチンからリビングをみるとこんな感じです。
写真右側にガラス越しに階段の踊り場が見えます。
 
3
 
階段も鉄骨造で作られていたため、
今回は移動しませんでしたが、
2階へ行く子供の気配を感じられるようにしました。
 
1階は和室を残してほぼ全面改修。
重量鉄骨造のため比較的自由に改修できました。
将来のことを考え、基本的に引き戸とし収納を多く確保。
2階は狭いトイレを広くした以外は
間仕切壁をいじらず、床〜天井の張替をしました。
 
そして、屋根・外壁・雨樋・バルコニー防水などを
一通り点検し、必要に箇所を手直し。
 
屋根からの眺め
 
1_2
 
屋根越しに佐野女子高校の体育館が見えます。
3月に3年生が卒業すると完全に佐野東高校に移行します。
”佐女高”の名前がなくなるのは少し寂しいかな。
 
リノベーションやリフォームは新築と比較して
建設費が想定しづらく予算オーバーになることが多いようです。
リノベの目的、予算、費用対効果などを
しっかりまとめておかないと、予算をかけた割りに
満足度の低い空間になってしまうことがありますので
ご注意ください。
 
事務所ではご要望をヒアリングして、
リノベの目的をはっきりさせてから計画に入ります。
 

□今回の改修計画概要(設計当初に提出)

・母親が一人で住む鉄骨造2階建・築18年のご実家に

 家族3人(夫婦+子)が同居するにあたり

 リフォームを計画

・LDKなど使い勝手を考慮し、間取りの変更・

 劣化部分の補修・設備機器の入替などを行う

・2階には3室+ウォークインクローゼットがあり、

 家族3人の寝室・母親寝室、3ヶ月に1週間程度帰国

 する兄の寝室とする

・子供室は将来計画として今は設けない

・将来、母親寝室が1階へ移動することも想定して

 1階に母親用の収納を設ける

・外部は18年という築年数を考慮し、劣化部分補修・

 漏水対策を行い、外構は基本的に現状維持とする

・内部は光や通風に配慮し、和風モダン系のデザインとする

断熱・空調・太陽光発電システムなどは、予算に応じて検討する

将来想定される補修・取替の時期を見据えての計画とする

リフォーム計画は現況の点検を行い、補修・

 交換が必要な部位を調査することから始めるものとする

 

上記概要の後に、具体的な改修項目の提案と続きます。
 
現場近くに”佐野で一番古いいもフライの店”
いでい 焼きそば店があります。
 
5
 4
 
この誘惑には勝てません。

« エンジン薪割機/薪棚 | トップページ | くつろぐ »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンジン薪割機/薪棚 | トップページ | くつろぐ »

フォト
無料ブログはココログ